ウーマン

プチ整形でコンプレックスを自信に変える❘整形願望を実現

二重瞼の埋没法

鏡を見る女性

人気の二重手術

美容外科クリニックに行けば、生まれつきの顔や体のコンプレックスを医療技術を用いて治してもらうことができます。アジア人は生まれつき一重瞼の人が多いですが、そんなアジア人に人気なのが二重瞼形成の美容整形手術です。特に切開を伴わないプチ整形「埋没法」は、日本人を含めたアジア人に人気があります。埋没法はメスを一切使わないで行う美容整形手術なので、プチ整形という名称で知られています。一重瞼だと目が細くなって目つきが悪くなるので、第一印象で損をしてしまうことがあります。手術をしてぱっちりした二重瞼になれば、それだけで第一印象で明るい印象を持たれて得をします。埋没法をすれば、生まれつき腫れぼったい一重瞼でも、簡単な手術でくっきりした二重瞼になれます。医師にどんな二重になりたいか希望を伝えれば、それと同じ二重にしてもらうことが可能です。手術をする前には局所麻酔をするので、痛みはまったくなく、手術時間は両目で20分程度で終わります。手術後しばらくは瞼が腫れた状態になりますが、1ヵ月程度で自然な二重瞼になります。クリニックによっては腫れにくい方法で手術をしてくれるので、学校や仕事を休みたくない人にお勧めです。

腫れないためのコツ

埋没法はプチ整形なので、切開する美容整形手術と比べると持続力が劣ります。医療用糸を一か所で止める「一点止め法」は、もっとも手軽にできますが、糸の力が弱まって元の一重瞼にリスクが高くなります。いずれ一重瞼に戻したい場合はそれでもいいですが、やはり普通は長持ちさせたいと思うものです。二重瞼を一生キープしたい場合は、なるべく「二点止め法」以上の方法で手術をするのがお勧めです。切開しないプチ整形として人気が高い埋没法ですが、人によっては手術をした後に瞼がひどく腫れる場合があります。埋没法で瞼があまり腫れないようにするには、ちょっとしたコツがいります。手術中に緊張して体に力を入れると、血の巡りがよくなって腫れやすくなります。なるべく緊張をほぐして、リラックスした状態で手術に臨むのがポイントです。また、手術をしたあとの過ごし方も大事です。手術後はまっすぐ自宅に帰宅し、頭の位置を心臓よりも高くして寝ることで腫れが引きやすくなります。お風呂やサウナに入ると血行が良くなって腫れが引きにくくなります。また、ジョギングやテニスやジム通いなど、体を動かすような激しい運動も、1週間程度は控えることをお勧めします。